きらりは「もうひとつのおうち」をめざします。

               きらりでは、0歳から3歳までの園児が兄弟姉妹のように
               一緒に遊んだり助け合った様子が見えます。

               異年齢間の交流を積極的に行うことで、憧れの気持ちやいたわりの気持ち、
                   新たな活動へ挑戦する意欲を学べる重要な機会であると考えているからです。

               私たちが目指す施設、それはお子様にとっての「もうひとつのおうち」です。

おとうさん、おかあさんの負担を減らす手助けをしたい。

 きらりでは、おとうさんやおかあさんの負担を少しでも減らしたいという思いから
 園児がかばんひとつで登園できるようにしています。

保育園の一日

 

登園
元気にごあいさつをします。おとうさん、おかあさんとのコミュニケーションを大切にしています。
遊び・戸外遊び
晴れた日は園庭で元気に体を動かします。遊具やおもちゃで仲良く遊びます。
昼食
きちんと前を向いて「いただきます」をします。野菜嫌いなお友達にはお歌で盛り上げます。
お昼寝
お布団を並べてお昼寝の準備。午後もしっかり遊べるようにしっかりお昼寝をします。
午後のおやつ
おやつは給食の先生が園で手作りをしています。子ども達の笑顔も格別です。
室内遊び
午後はお迎えが来るまで子ども達がそれぞれ好きなことをして遊びます。
降園
保護者の方には一日の様子をお伝えします。また明日も元気よく遊ぼうね!